高山茶筌の竹茗堂 | 竹茗堂久保左文は、高山茶筌(茶筅)をはじめ、各種茶道具、野点籠、竹器を全国へお届けしています。

Chikumeido is manufacturing the bamboo whisk of the top quality.
トップページに移動

■ 茶道具の高級品は職人のこだわりがつまった国産品を〜高級な茶道具で色々な濃さのお茶を楽しもう〜

高級な茶道具をお探しなら通販展開中の自家製メーカー「竹茗堂」へ!〜国産の竹を職人が厳選〜

高級な茶道具をお探しなら通販展開中の自家製メーカー「竹茗堂」へ!〜国産の竹を職人が厳選〜

茶道具高級メーカーをお探しなら、これまでにも数多くの茶道具を製造してきた「竹茗堂」の通販を是非ご利用下さい。「竹茗堂」では、茶道の基本と手軽さを融合させた商品開発にも力を入れております。

茶道具は高級な竹を使用した「竹茗堂」の通販で!〜人気の高い「マグカップ・マドラーDEお茶」〜

高級な茶道具でおいしい抹茶を楽しむなら、初心者にもおすすめの「マグカップ・マドラーDEお茶」をお試し下さい。パリのジャパンエキスポでも人気が高かった「マグカップ・マドラーDEお茶」は、初心者でも手軽に本格的なお茶が楽しめます。

濃さで楽しむ抹茶

濃さで楽しむ抹茶

丁寧に作られた抹茶は、葉の栄養素も丸ごと味わえる点が魅力です。茶筌や茶杓を使った本格的な茶道具で点てる抹茶は、急須で淹れるお茶とは違ったまろやかな甘みが出ます。また、抹茶の量とお湯のバランスを好みで調整すれば薄茶や濃茶になるので、同じ抹茶でも二度違った味わいを楽しめます。

薄茶は、ふんわりとしたふくよかな味わいです。抹茶の量は、ティースプーンで軽く一杯分を入れ、お湯は抹茶碗の約3分目が薄茶に適しています。抹茶碗に抹茶とお湯を入れ、茶筌でゆっくりと混ぜ合わせれば、きれいな黄緑色になります。仕上げとして茶筌を使ってすばやく混ぜていけば、きめ細かな泡が立ち、よりまろやかさがアップします。
抹茶の濃度が高い濃茶は、抹茶そのものの味わいをより深く楽しめます。濃茶に適したバランスは、好みにより異なります。抹茶碗に濃い目の抹茶とお湯を入れ、ゆっくりと抹茶を練る意識で混ぜていくと、トロリとした抹茶の格別な味わいが楽しめるのが魅力です。

高級な茶道具を扱っている「竹茗堂」では、国産の竹を厳選し高度な技術を誇る職人が一つ一つ丁寧に作り上げた茶道具を通販にて展開しております。薄茶や濃茶といった味わいを楽しむ際に、是非ご使用下さい。

お役立ちコラム

高級な茶道具をお探しならこちら

店名 竹茗堂
所在地 〒630-0101
奈良県生駒市高山町6439-3
TEL 0743-78-0034(代)
URL http://www.chikumeido.com














竹茗堂 左文
〒630-0101 奈良県生駒市高山町 6439-3
TEL 0743-78-0034(代) FAX 0743-79-1851