左文の高山日記 | 竹茗堂久保左文の日々折々を気ままに書き連ねております。

Chikumeido is manufacturing the bamboo whisk of the top quality.
トップページに移動

■ 左文の高山日記

竹茗堂 久保左文が気ままに書き連ねております。
お気軽にご覧くださいませ。



竹あかりの夕べが開催されている。

奈良生駒高山、竹林園において「竹あかりの夕べ」が開催されている。
竹の繊細な造作作品にろうそくの火が映え、夜空に幻想と幽玄の世界を創出する。
尺八をはじめとするミニコンサートが秋の夜空に響き渡る。
明日9日迄開催。
抹茶体験、製作体験、大楽茶、など色んなイベントが開催されている。
ぜひおいでください。


2017年10月08日

世界で一番大きい実用茶筌に24年ぶりに再会しました。

平成5年の奈良先端大学院大学の卒業式世界で一番大きい実用茶筌を作ってくれと当時の学長様からの依頼で最初に1カ月かけて作り上げました茶筌が右の写真の87センチ、その後長い竹が手に入り作り直したのが写真左の120センチの茶筌です。
この度奈良テレビの笑い飯哲夫さん出演の番組に出演しでスタジオで24年ぶりに孫たちとともに再会しました。感激いたしました。
写真左:世界一120センチの大茶筌
写真右:世界で2番目87センチの大茶筌・40センチの大茶盛用茶筌


2017年08月28日

5日から古都奈良では恒例の「なら燈花会」が良公園を中心に開かれる。

広大な奈良公園の自然と、歴史的建造物、その中でゆったりと時間が流れゆく古都・奈良。燈花会の会場はいくつかに分かれているが、ゆっくり見てもすべて歩いてまわれるほどの距離だ。それぞれのエリアで趣向を凝らされた燈花を見ていると、心の中にもロウソクの灯りが灯されたように、優しい気持ちになれる…そんな「なら燈花会」を、大切な人と歩いてほしい。是非この機会に古都奈良の自然に触れ合ってほしい、
期間 2014年8月5日(土)〜8月14日(月)
時間 19:00〜21:45
問い合わせ なら燈花会の会/TEL 0742-21-7515


2017年08月01日

奈良高山「茶筅の里」の冬の風物詩「竹干し」「竹の寒晒し」が始まりました。

竹藪から切り出された竹はお湯でゆでられ、布できれいに磨かれた後、高山の田んぼ一面に傘の骨のように立てかけられ、一か月の時をへ、真冬の寒風と太陽の紫外線の恵みを受け徐々に白くなっていきます。
高山の田んぼ一面に広がる竹干し風景が、3月末まで続きます。
ぜひ、この時期高山へお見え下さい。
出来ればお電話にて事前に確認の上お見え下さい。

写真は当店の竹干し風景3月末まで13,000本余り干し上げます。


2017年01月26日

紅葉の季節真っ赤になったの山へ出かけお茶を楽しみませんか?

紅葉の季節真っ赤になったの山へ出かけお茶を楽しみませんか?
当店アウトドアー用茶道具セット、
「お茶ごころ」「マグ・マドラーdeピクニック}で秋の野山で抹茶を楽しみませんか?

写真左:マグ・マドラーdeピクニック}
写真右:お茶ごころ


2016年11月13日

この度、24代目当主 久保左文が秋の叙勲に於いて、「旭日小綬章」を受章致しました。

この度、当店、24代目当主 久保左文 秋の叙勲で「旭日小綬章」を受章致しました。今後さらに研鑽に務め、残された人生、業界、地域発展のため、最後まで頑張る所存でございます。
今後さらなるご支援ご鞭撻賜りますようお願い申し上げます。


2015年12月18日

煤竹を高価買入れ・生まれ育った家の煤竹、家族の思い出に残る記念の品に加工いたします。

煤竹茶筌、煤竹茶道具等に用いる煤竹、あなたの近くに煤竹有りませんか? 
貴方の煤竹を煤竹茶筌、煤竹の茶杓、煤竹の花入、煤竹マイ箸、その他、煤竹商品にして記念の品として、残しませんか?
煤竹とは日本建築に使われ、長年かまど、囲炉裏、等のけむりに燻され茶色になった竹を煤竹といいます。
特に直径2センチ前後の煤竹を重宝致します。当店では煤竹を使った煤竹茶筌(茶せん・茶筅)、茶道具を作り全国に卸しております。
 家の天井等に使われた煤竹を高価で買取り、また家族の心に残る記念の品としても実費で加工致します。煤竹が見つかれば当店まで煤竹が有るとお電話、メール、等よろしく、煤竹を高価買入れ致します。

TEL:0743-78-0034
FAX:0743-79-1851
メール:sabun@chikumeido.com
写真左:ルーヴル宮殿出展写真
写真右:表千家煤竹真茶筅


2015年04月05日













竹茗堂 左文
〒630-0101 奈良県生駒市高山町 6439-3
TEL 0743-78-0034(代) FAX 0743-79-1851