左文の高山日記 | 竹茗堂久保左文の日々折々を気ままに書き連ねております。

Chikumeido is manufacturing the bamboo whisk of the top quality.
トップページに移動

■ 左文の高山日記

竹茗堂 久保左文が気ままに書き連ねております。
お気軽にご覧くださいませ。



紅葉の季節真っ赤になったの山へ出かけお茶を楽しみませんか?

紅葉の季節真っ赤になったの山へ出かけお茶を楽しみませんか?
当店アウトドアー用茶道具セット、
「お茶ごころ」「マグ・マドラーdeピクニック}で秋の野山で抹茶を楽しみませんか?

写真左:マグ・マドラーdeピクニック}
写真右:お茶ごころ


2016年11月13日

この度、24代目当主 久保左文が秋の叙勲に於いて、「旭日小綬章」を受章致しました。

この度、当店、24代目当主 久保左文 秋の叙勲で「旭日小綬章」を受章致しました。今後さらに研鑽に務め、残された人生、業界、地域発展のため、最後まで頑張る所存でございます。
今後さらなるご支援ご鞭撻賜りますようお願い申し上げます。


2015年12月18日

煤竹を高価買入れ・生まれ育った家の煤竹、家族の思い出に残る記念の品に加工いたします。

煤竹茶筌、煤竹茶道具等に用いる煤竹、あなたの近くに煤竹有りませんか? 
貴方の煤竹を煤竹茶筌、煤竹の茶杓、煤竹の花入、煤竹マイ箸、その他、煤竹商品にして記念の品として、残しませんか?
煤竹とは日本建築に使われ、長年かまど、囲炉裏、等のけむりに燻され茶色になった竹を煤竹といいます。
特に直径2センチ前後の煤竹を重宝致します。当店では煤竹を使った煤竹茶筌(茶せん・茶筅)、茶道具を作り全国に卸しております。
 家の天井等に使われた煤竹を高価で買取り、また家族の心に残る記念の品としても実費で加工致します。煤竹が見つかれば当店まで煤竹が有るとお電話、メール、等よろしく、煤竹を高価買入れ致します。

TEL:0743-78-0034
FAX:0743-79-1851
メール:sabun@chikumeido.com
写真左:ルーヴル宮殿出展写真
写真右:表千家煤竹真茶筅


2015年04月05日

某有名ネットショップ販売の茶筅、茶道具の産地表示・品質表示、原材料の表示、本当に正しく表示されているのでしょうか?

茶道具販売の某ネットショップの煤竹茶筅(国産)、「天然煤竹」の表示の煤竹茶筅はおそらく外国産か、明らかに顔料で色を付けた茶筌、また(高山産の原竹)と書かれた茶筅、高山産の原竹のみを使った茶筅は何処の業者も使っていないのに、他社販売の中国製の商標と同じなのに「日本製」と、どうしてこのような偽装、いい加減な事を表示されるのでしょうか?

 公正取引委員会が関心を持っているのに、

写真左:本当の天然 煤竹茶筌


2014年10月16日

竹茗堂 左文の当主 久保左文は120種以上あるあらゆる茶筌を皆様方の急なご注文にタイムリーに対応、間に合わせます。

国内唯一の茶筌の産地の高山の中でも煤竹を含め、どんな茶筌もタイムリーに製作できる茶筌師は数人しかおりません。
左文はなんでも断らない、また茶会等に商品が間に合わなければ意味が無いを信条に茶筌を初め茶道具作りに勤しんでおります。
竹茗堂 左文には高度な技術を誇る多くの職人、従業員がおりタイムリーに対応出来ます。 もし他店で商品が間に合わない時、出来ないと言われた時など一度お電話、メールをお送り下さい。
極力間に合わすよう頑張ります。


2014年10月30日

大切なお茶会に安価で最高に引き立つ青竹 蓋置・灰吹・青竹箸、青竹花入、等、必要ありませんか?

当店では365日、何時でも必要な数だけ、日本全国へ出荷、一個からのご注文にタイムリーに対応致します。
青竹製品は当店だけのサービスとして全て真空パックにて、真青でみずみずしい状態で全国ほとんど地域に翌日配達でお送り致します。青竹はすぐ変色する物、それをグリーンのままで使用する。安価ですが最高のおもてなし、ごちそうなのです。
写真左:青竹蓋置
写真右:青竹灰吹


2014年08月25日

NHK総合テレビ「あさイチ」の中継コーナー「ピカピカ日本」で10月14日午前9:20頃〜8分間、当店 竹茗堂 左文が生中継で紹介されます。

番組ではレポーターのお父様が写真家の篠山紀信さんの篠山輝信さんが左文作:新製品「マグカップ・マドラーDEお茶」茶道具セット、「お茶ごころ」茶道具セット、その他、新しく、気軽に楽しめる茶道具セットを紹介されます。
写真左:「マグカップ・マドラーDEお茶」
写真右:「お茶ごころ」茶道具セット


2014年10月01日













竹茗堂 左文
〒630-0101 奈良県生駒市高山町 6439-3
TEL 0743-78-0034(代) FAX 0743-79-1851